賃貸契約をする時には、その物件における禁止事項・保証金の扱いなどについてよく確認しておかなくてはなりません。

賃貸マンションで一人暮らしをしてみたい。

賃貸契約時にチェックしておきたい項目

賃貸契約をしてその物件に入居するにあたってはさまざまなルールがともないます。後々になってトラブルの元にならないよう、申し込みをしたら契約にまつわるさまざまな決まりをチェックしておかなくてはなりません。まず第一に確認しなければならないのがその物件を借りて入居するにあたっての禁止事項についてです。禁止事項を守れないケースでは強制退去もあり得ます。例えばペットの飼育や楽器の演奏などの禁止事項については契約書に必ず記載されているはずです。「知らなかった」では済まないトラブルになってしまいますから要注意です。

家賃の支払い形式も最初に確認しておかなくてはなりません。直接持参または口座振込みなどで大家さんに家賃を支払うケースと、管理者である不動産会社に賃料を支払うケースがあります。また口座振込みでは金融機関を指定されることもありますので、早めに確認して必要であれば口座を開設しておきます。さらに、退去時のルールも最初に確認しておきたいポイントです。退去の連絡はいつまでにすればいいのか、また敷金として入居の時に支払った保証金の扱いなどについて、いざ退去という時にトラブルにならないようきちんと把握しておきたいものです。