賃貸契約にあたっては、敷金・礼金をはじめとして申込金や仲介手数料、火災保険の保険料などが必要になります。

賃貸マンションで一人暮らしをしてみたい。

賃貸契約に必要な費用について調べる

賃貸契約をする時には、これから支払う月々の家賃意外にも必要な費用があります。まず、申し込みをする時に申込金として家賃の1か月分が必要になるのが一般的です。次に敷金と礼金です。敷金は、今後万が一家賃の滞納をしてしまった場合の保証金的な意味合いで大家さんに預けておくお金です。また、その物件を引き払う時には部屋のメンテナンスに必要な経費を差し引いて返金されるのが一般的です。礼金というのは大家さんへのお礼のお金ですが、最近の物件ではこの礼金がないものも増えてきています。仮申し込みの時に支払った申し込み金が契約成立後に敷金の一部に充当されることもあるので、扱いについてよく確認しておくと安心です。

次に、賃貸契約をする時には自分の家財道具に対して火災保険に契約しなければなりません。この保険には「借家人賠償責任保険」も含まれているのが一般的で、不動産会社で保険会社を指定されるなどケースはいろいろですが、契約期間んが2年の保険商品に契約することが多いようです。よって、契約する保険会社により異なりますが2万円前後の保険料も必要になります。他に、物件を紹介してくれた不動産会社への仲介手数料や、月の途中から物件に入居するためのその月の日割り家賃も必要です。