賃貸借契約に必要な書類と、住まいを借りる際に注意しておきたいこととはどのようなことでしょうか。

賃貸マンションで一人暮らしをしてみたい。

賃貸借契約に必要な書類と注意点とは

賃貸借契約というのは、住まいを賃貸で借りる際に、借り手と貸し手の間で交わされる契約のことです。通常では、仲介した不動産業者の立ち会いのもと、契約書が読み上げられ、問題がなければ押印と署名をして契約となります。その際に、敷金、礼金、仲介手数料や損害保険金などを支払いを済ませ、鍵を受け取ります。

賃貸借契約の必要書類は、印鑑証明、住民票、収入を証明する書類などです。連帯保証人が必要な場合は、連帯保証人承諾書も必要になります。またこの場合、賃貸借契約の際にも連帯保証人の立ち会いを求められることがありますので注意しましょう。収入を証明する書類としては、年末に交付される源泉徴収票や、納税証明書等が有効です。

賃貸に関するトラブルで最も多いのが、退去の際の原状回復に関するトラブルです。こうしたトラブルに巻き込まれないために、入居前に、住まいを隅々までチェックし、破損や汚れがあれば報告するようにしましょう。引っ越しが済み、家具が部屋に入ってしまうと、家具で壁や床の一部が隠されて、隅々まで見る事が出来なくなります。また、入居直後には住宅設備をもれなく稼働させ、問題なく動き、故障がないかもチェックしましょう。こうした確認作業が、退去時のトラブル回避の鍵となるでしょう。